大石昌良、『31マイスクリーム』を語る。前編


大石昌良3枚目のオリジナルアルバム

『31マイスクリーム』が1月25日にリリース!!

ソロワークが始まって3年目の2011年は彼の中でまた大きな転機を迎えたに違いなく、

その思いがひとつはSound Scheduleの復活という形で、

そしてまたこのアルバムを通して存分に表れています。

大石昌良“31歳の叫び”をご堪能あれ。






画像





2011年はSound Scheduleの復活というニュースと平行して3枚目のソロアルバムの制作を行っていた大石昌良。

彼は優れたボーカリストであり、またアコースティックギターの名手であると同時に、セルフプロデュースで制作過程の全てをコントロールできる優秀なクリエイターです。その彼が今回“コラボレーション”というコンセプトのもと、作詞を第三者に依頼するという“大石昌良史上これまでにない手法”で望んだニューアルバム『31 マイスクリーム』。
探究心旺盛で曲作りに対して貪欲な彼がこのアルバムで目指したもの、表現したかったこと、そして“歌い手”大石昌良はどこへ向かうのか――。じっくり話を聞いてきました。








ソロであれ、バンドであれ、

自分を表現できる場所が

たくさんあった方が、きっとこの先

僕はより熱く燃え続ける






─2011年は5年ぶりにSound Scheduleが復活し、新曲を携えてツアーに出るというニュースがありました。




画像大石 
ありがたいことです。無事にチケットも売り切れましたし、各地ともお客さんがたくさん集まってくれて正直ホッとしました(笑)。こういうチャンスをもらえてホント嬉しかったです。



―“もっとバンドの活動をして欲しい”という声も多かったのでは?



画像大石 
ホント、ありがたいです。今回のサウスケプロジェクトではあらためて気付かされたことがたくさんありました。



―あらためて気づいたことというと?



画像大石
自由に音楽に集中できる環境がどれだけ幸せで大切なものなのか、それにこれまで自分たちが積み重ねてきた時間や関わってくれた人たちとの関係性がしっかり形として存在していることを実感できました。当時がむしゃらに一生懸命やってきて良かったと思うのと同時に、今のソロになってからの活動もしっかり頑張っていけば結果に繋がるはずだという自信にも繋がりました。



―そういうことを考える年でもありましたよね。



画像大石
年初からアルバム制作の話も、サウスケの活動の話もあがっていたのですが、震災があって日本が大変な状況になったのを受けて一旦全ての作業がストップしました。あまりの状況にいろいろ考えさせられることも多く、僕自身しばらく音楽に向きあうことができない時期がありました。情報を発信することも、曲を作ることにも消極的になって、気がついたらどんどん“何もしない”状況になってしまって・・・。その時に今回のサウスケプロジェクトも動かそう、ソロアルバムの制作も予定通り進めようと言ってもらったのは嬉しかったですね。応援してくれるファンの皆さんと一緒に盛り上がれるのは本当に幸せなことだし、単にバンドが復活するというだけではなく、今回のように新たに「今」の作品を作ることができたのは本当に良かったと思っています。今後定期的に活動をしていくのか現状は未定ですが、もちろんまたチャンスがあるならばやりたいですし、またそういう機会を持てるならうれしいですね。



―両方バランス良くできるといいですよね。



画像大石
そうですね。バンドだからできること、ソロだからできること、どっちが良いということではなく、それぞれのスタイルだからこそできることがあるんですよね。バンドの場合は自分を表現するというより“3人で一つ”。その一方で僕自身をより表現できるのがソロワークなんですね。バンドであれ、ソロであれ僕は“歌い手”でありたいと思ってるんです。シンガーとしてのスキルを十分に発揮できるような音作りや曲作りをしていきたいし、自分の中に“歌い手”としての理想像があって、そこに向かって努力しているつもりです。バンドのボーカルはその一部であって全部ではないし、“歌うこと”を追い求めてとにかく自分を表現できる場所がたくさんあった方がきっとこの先、僕はずっと熱く燃え続けられるかなと思っています(笑)。



─確かに歌い方からして全然違いますよね。



画像大石
歌い方も声の出し方も違います。バンドの場合はサウンド感に合わせてかなり声を張って出していますが、ソロの場合はもっと“声のトーンや質感”で歌を伝えようとしています。僕はそういう歌の届け方ができるのがシンガーだと思っているし、そういう“歌唄い”でありたいんです。



─両方のプロジェクトが平行して動いていたので、当時はスケジュールが大変そうでしたよね。



画像大石
もうね・・・、頑張りましたよ(笑)。特にソロアルバムの制作は僕が中心で動くものなので、サウスケのツアーを回りながら打合せしてレコーディングして、リハーサルが終わってから事務所に戻ってチェックして・・・。時間的にもハードでしたが、同じ音楽とはいえ、成り立ち方の全く違うことを平行して進めていたので大変でした。でもそれが何よりありがたい環境でしたし、どちらも何とか完成を迎えてホッとしてます(笑)。今作ではSound Schedule時代から応援してくれている方々にはもちろんですが、同時にソロの大石昌良として初めて出会う人たちにも“良質なポップス”を届けたいと思って頑張りました!






“極上のJ-POPを作りたい”

それがチーム全員の思いでした。

自分の世界がさらに広がるなら

チャレンジは厭わない。

自分は“歌い手”でありたいから







―それにしても、よく作詞を第三者に預けましたね。



画像大石
最初はそんな風に考えていなかったんですよ(笑)。でも制作チームでアルバムの方向性を話しあっていくうちに、プロデューサーの藤井丈司さんから、「例えば作詞を誰かに頼んでみる?」という意見が出たんです。



―シンガーソングライターに対してある意味大胆な意見ですよね(笑)。



画像大石]僕が10年間で培ってきた経験や感覚に比べたら、藤井さんは40年級のキャリアですから、意見の重さが違うし、おそらく見えていたものが違ったんだと思います。歌詞を誰かに書いてもらおうかと言われた時にはビックリしましたけど、同時に何かそう考える理由があるんだろうなと思いました。確かにこれまで誰かが書いた曲を歌ったことがなかったし、こういうチャンスでもなければ経験できないかもしれない。世界が広がるチャンスなのであれば選択肢として有りだと思ったんです。



―なるほど。



画像大石
これまで作詞・作曲はすべて自分でやってきたので、そのスタイルにこだわっていたところもありました。反面それにこだわりすぎても“頑な”になってしまったり、“意固地”になってしまったりするのは良くないと思っていたし、藤井さんの話にはとても説得力があって自然とその流れにのった感じでした。



―藤井さんは大石君に対してどういう印象があったんでしょう?



画像大石
藤井さんとは前作『ダイアモンド』で初めてご一緒させて頂いたんですが、まず最初に言われたのは「すごくアコギが弾けるじゃん!」でした(笑)。シンガーでありながらマニピュレートもできるし、ひとりで曲が作れるシンガーソングライターだと認識してくれていて、その能力をもっともっと伸ばしたいと思ってくれたようです。歌を歌って作詞・作曲・アレンジをして、さらにセルフプロデュース、トラックメイクもできる“ハイブリッドな歌唄い”という部分を押し上げようとしてくれました。



―でもそれを全部自分がやったらとんでもない作業量になりますよね。



画像大石
そうなんです。なので、全部自分でやるよりも藤井さんの案にのった方が今回の目的には合っているかなと思ったんです。



―今回の目的?



画像大石
チームで作品を完成させるということ、それとスタッフ全員が“極上のJ-POPを作りたい”という方向性で一致していました。



─“極上のJ-POP”というと?



画像大石
簡単に言うと、一聴しただけでエネルギーが感じられて、みんなの心に届いて、それがしっかり浸透していくのがわかる音楽、みたいな感じかな。誰が聞いても知っているような、支持される音楽とでも言うべきか。今回のアルバムはそこを目指そうとしていて、そんな話の中で「一緒に作品を作るなら誰を思い浮かべるか」という話になった時、僕が片山恭一さんの名前を挙げたんです。



─「世界の中心で、愛をさけぶ」の作家・片山恭一さんですね。



画像大石
実は片山さんとは同郷なんです。「世界の中心で、愛をさけぶ」を読んだ時からずっと“いつかご縁があったら一緒に何か作りたい”と心の奥で思っていました。その話をしたら「だったら歌詞を書いて頂けないかお願いしてみようよ」という話になって、僕がお願いの手紙をお送らせていただきました。本当に快く引き受けて下さって、これが今作の“コラボレーション”のベースになった大きな出来事でした。



─片山さんにはどういう歌詞を書いて欲しいというお願いをしたんですか?



画像大石
僕のソロデビュー作『ほのかてらす』は故郷の愛媛県宇和島を舞台に書いた曲ですが、その歌詞にある「実はあの小説の舞台にもなったくらい」というフレーズは「世界の中心で、愛をさけぶ」を思って書いているんです。僕と片山先生の原風景は同じなので、<約5分の中に「世界の中心で、愛をさけぶ」を書いて頂けませんか>というお願いの仕方をさせてもらいました(笑)。その場所を舞台に恋愛のドラマがあり、海があって灯台があるイメージもお伝えしました。



─なかなか大胆なお願いでしたね(笑)。



画像大石
ですよね(笑)。最初に歌詞を読ませて頂いたとき、見ている風景は同じはずなのに言葉の使い方はもちろん、当然ながら表現の仕方も全然違うし、アカデミックで叙情的で本当に小説を読んでいるようでした。言葉の説得力があって、僕みたいな若輩者が気づかないような世界の捉え方は、まさに“世界を言葉で表現するプロ”だと思いました。今の僕が片山さんと同じ言葉を使ってもきっと説得がないと思うし、その差を歴然と感じたのと同時に僕は「この歌を歌いたい」と素直に思いました。



─“歌い手魂”に火がついたと。この『海を見ていた ぼくは』はまさに“大石昌良の曲”という印象でしたが、実際に歌ってみた感想は?



画像大石
初めて歌った時から「この曲は10年くらい前からの自分の歌のような気がする――。」と思わずそういう言葉が漏れました。同じ景色を共有しているのはもちろんですが、何より“良い作品を作りたい”という強い思いを感じたので、まるで自分の中から出てきたようなフィット感があったし、シンパシーを感じたんでしょうね。




後編へつづく→




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント