appeal+ing(アピーリング)インタビュー

アクセスカウンタ

zoom RSS SPYAIR!11/21リリース『WENDY 〜It's You〜』と武道館への意気込みを語る!

<<   作成日時 : 2012/11/20 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


12月18日(火)に行われるSPYAIR初の日本武道館公演は見事完売!! (※現在、追加席を販売中)

2ndアルバム『Just Do It』をリリースした彼らから早くもNEWシングルが到着です!

NHKの人気連続ドラマ枠<よる☆ドラ>の「恋するハエ女」主題歌として

オンエア中の『WENDY 〜It's You〜』は

軽快でミディアムなPOP ROCKのサウンドに乗せて

“頑張る全ての人の背中を押す”メッセージソング。

さあ!日本武道館でSPYAIRと一緒に盛り上がる準備はできてますか!!?





画像







その時やりたいと思った音楽をやろう、

バンドとしてやりたいことをやろう。

まず俺たちが夢を見て

ドキドキしようぜって。







今年の夏は、SUMMER SONIC 2012やJOIN ALIVE 2012、そして韓国最大のロックフェス、Jisan valley rock festivalを始め各地夏FESにもひっぱりだこだったSPYAIR。9月にリリースした2ndアルバム『Just Do It』で盛り上がっているなか、早くも日本武道館公演が完売のニュースが!!




―とにかく、初武道館ライブ完売おめでとうございました!やりましたね!



全員 
ホントにありがとうございます!!!!!


KENTA 
追加席を作って少しでもたくさんの方に来て頂けるようにしてもらいました。チケットが取れなかったという方や、どうしようかな?と迷っているうちにチケットが無くなった!という方も、まだ手に入るのでぜひ来てください!


IKE 
“初めて”の日本武道館公演はこの1回だけですからね。俺たちはもちろんですが、集ってくれたみんなが一緒に盛り上がってくれるようなライブにしたいです。


UZ 
チケットも完売できたので、これからは本番でどれだけみんなに楽しんでもらえるか考えることに集中できるし、自然とリハーサルにも力が入りますね。




―もうリハーサルが始まっているんですね!?




KENTA 
かなり前から始めています。前の日比谷野音ワンマンの時は時間があるつもりでいたけれどスタートが遅くて、席のある会場に慣れていない自分たちにとっては想像以上に準備に時間がかかることを実感したんです。あの野音での経験は活かさないといけないし、“できるうちからガンガンやっていこう”ってメンバー全員が自然と言い出しました。


MOMIKEN 
確かに、野音の時は早くから会場を見に行ったんですが、お客さんがいない会場を見ただけだったので、本番で3000人のお客さんがパンパンに入っているのを見たら急に自分たちが堅くなっちゃって(笑)。なので今回は武道館に足を運んでいろんなライブを見て、会場にたくさんお客さんたちがいる空気も掴みながらイメージトレーニングもしてます。


UZ 
バンドマンとしては演奏さえしっかりできていればイイ、と思う部分は変わらないけれど、さすがに武道館ともなると演出も必要だし、そこでやれる限りのことをやりたいと思っているので、今はとにかく楽曲を自分たちのカラダに染み込ませるまで練習しようと思っています。それ以上のことができる余裕が持てるよう、今は音楽を自分たちに叩き込む勢いでやってます。




―ということは、セットリストもすでにできているんですね。




KENTA 
あとは全体を通してみて、流れもあるので状況を見て手を入れるとは思いますが、土台はできてます!


IKE 
俺は武道館のステージにはまだ立ったことがないので本当に楽しみにしています。野音とも夏フェスの野外のステージとも違う景色だろうし、イメージトレーニングもしていますが、とにかく本番を楽しめるようにまずはリハーサルで十分準備をして自信をつけて臨みたいと思ってます!楽しみにしててください!




―武道館完売という嬉しいニュースに続き、新曲『WENDY 〜It's You〜』が11月21日にリリースです!この曲は今までとはまた路線が違うというか、かなりPOPな1曲になりましたね。




UZ 
そうなんです。今までの曲を聴いてくれている方にはちょっと違った雰囲気に聴こえるかもしれませんが、この曲を制作するにあたってはこれまでのSPYAIRのサウンド感とはまったく切り離して、お話を頂いたドラマのコンセプトをベースにそのイメージを軸にして制作したんです。




―今作はSPYAIRのライブを見たNHKのドラマプロデューサーが楽曲提供のオファーをされたと伺いました。




UZ 
そうなんです。“SPYAIR流プリティ・ウーマン”を作って欲しいと言われました。そのテーマありきで曲を作っていったので、これまでの楽曲とは印象が違うかもしれませんね。自分の中から“SPYAIR流プリティ・ウーマン”は出てこなかったと思うから(笑)、イイ機会を頂いたと思います。


MOMIKEN 
ドラマのプロットに「女性たちはいつでもピーター・パンのように素敵な誰かが現れ、私を別の世界に連れて行ってくれないかと夢見ている」とあって、主人公が“誰かに現実から連れ出して欲しいと願っている女性”という設定だったんですね。『自分の手で未来を切り拓け!』というドラマのコンセプトに沿って歌詞も<飛び出す力も、前に進んでいく力も、自分発信じゃないとダメなんだ>というメッセージをポジティブかつちょっとライト(軽め)な感じで表現する事にしました。





―ドラマに沿った内容になっているんですね。





MOMIKEN 
とはいっても、ドラマに込められたメッセージがいつもSPYAIRが発信しているものと近いと思いましたし、ドラマに寄せて書いたとしてもブレはないと感じていました。ピーター・パンに憧れる女の子、ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリングとドラマの主人公を重ねて思い切って“WENDY”という言葉をそのまま使ってみるのもチャレンジでしたが、結果的に上手くまとまったと思っています。


IKE 
歌については今までとは違うバンドのグルーヴ感が自然と力を抜いて歌わせてくれて、自分はその感覚を楽しみながらレコーディングすることができました。このWENDYという女の子は自分にとっての大切なファンのみんなのことを思って歌いましたし、その温度が伝わってくれたら嬉しいですね。


KENTA 
SPYAIRとしての曲の幅もますます広がって、方向感やサウンド感を絞らずその時期その時期いろんな曲にチャレンジできるのはイイことだと思ってます。この曲ができてみんな成長した部分もありますね。




―ジャケット写真もミュージックビデオも今までとは雰囲気の違う“可愛さ”が出ましたね(笑)。




UZ 
それはひとつの“余裕”の表れなのかもしれないです。自分たちのイメージを伝えることに必死だったらコレを選択することさえできなかっただろうし、自分たちのイメージや伝えたいことがある程度固まったんじゃないかと思っているからこそチャレンジできたと思います。




―カップリングの『Blowing』にも共通するものがありますね。




UZ 
『WENDY 〜It's You〜』も『Blowing』もアルバム制作が一段落してからこの夏に作った作品です。




―前のインタビューでも話しましたが、2ndアルバム『Just Do It』でも楽曲の幅が広がっていました。そこを経てまた思うこともあったのでしょうか?




UZ 
それもあります。自分たちのやりたい音楽ができたら一番嬉しいですし、それを目指していきたいと明確に思うようになったのかな。この2曲がそれだ!ということではなく、その時やりたいと思った音楽を作ろう、バンドとしてやりたことをやろう、そう話しています。そんな俺たちを見て夢見てくれる人がいれば嬉しいし、何より俺たち自身が夢を見ていないとそれを伝えることもできないですからね。歌詞にもあるように、まず俺たちが“ドキドキしようぜ”って。


IKE 
日本武道館でのライブがこうして現実のものになって、もちろんそれを100%以上の状態で成功させるのも目標ですが、さらにそれを超えた先に自分たちが立ちたい場所もあります。そういう想いが曲や歌詞に反映されていっているんです。










集ってくれるみんなと

一緒に歌って一緒に盛り上がって

笑顔で帰ってもらえるように

そんな武道館にします!

一緒に楽しみましょう!






画像





―今年を振返るには正直まだ早いのですが(笑)、もう今年も残すところ1ヶ月ちょっと。武道館が終ったら12月ももう・・・。濃い1年だったと思いますが、今年の印象的な出来事をあげるとしたら?




IKE 
俺はやっぱり夏FESかなあ・・・。もちろん映画「アメイジング・スパイダーマン」で日本版テーマソングをやらせて頂いたことや、印象的なことはいくつもあるんです。でも自分の体感として喜んだり傷ついたりしたのはやっぱりライブなんですよね。韓国のロックフェスで見た忘れられない景色や、日本でも素晴らしい環境でやらせて頂いたのにそこで自分がやり切れなかったり。夏FESを通していろんな想いを経験したのでそれを次のステージに繋げていけたらと思っています。


ENZEL☆ 
僕は年明け1月1日のカウントダウンライブかな。初めて年越しライブをやって、HAPPYな感じで1年が始まって本当に楽しかったのを覚えています。“超楽し〜〜ッ!”って思ってました(笑)。


MOMIKEN 
・・・そうだな。俺のはちょっと書けないと思うからココは飛ばしてもらおうかな(笑)。武道館を今年一番にできるようガンバロっと!


KENTA 
俺は5月の赤坂BLITZ2日目ですね。思いもしないハプニングだったけれど、あの時の自分たちの気迫溢れる感覚は忘れられないですし、逆に常にそうあるべきだと気付かされたライブでしたから本当に勉強になりました。


UZ 
楽しいというより、印象的なことを挙げるとすれば“久々復活!ファミレスミーティング”ですかね(笑)。昔は毎日のようにしてたんですが、最近はそういうことがなかったので久しぶりにみんなで集ったんですよ。そしたら出るわ出るわ、朝5時までコースでとにかくいろんな話になって(笑)。


KENTA 
毎日のように集って話してたよね。


UZ 
もう洗いざらいですよ(笑)。それで何かが大きく変わったかどうかわからないけれど、確実に言えることはそれを経て“しっかり前を向いた”ということですね。そこで共有した空気は俺たちにとって大きなものだったんじゃないかと今は思うんです。


IKE 
不安なことを不安にしたまま進んでたり、話していたつもりでも十分じゃなかったり、いつの間にか気付いていたようで気付いてない“フワっとした部分”があったんでしょうね。それを全部潰してみんなが同じ方向を向いたらもっと強くなるし、みんなで合わせていくこと、共有していくことは意識して大切にしていかないとダメですね。


MOMIKEN 
まあでも俺たち極端過ぎて週6くらいで集ってたから、そろそろというか、だいぶもうイイかなって思ってます(笑)。




―さあ!では新曲のアピール、そして日本武道館への意気込みをどうぞ!!




UZ 
これまでも自分たちの想い、自分たちらしさを込めてきたつもりですが、今作は“SPYAIRのプレイヤーとして”よりも“ひとりの素の人間として”プライベートな自分の想いまで音に落とし込めたんじゃないかと思っているんです。制作期間中にあるライブを見て俺はものスゴく影響されたんです。その瞬間ロックキッズに戻った感じや、音楽って普段から考えていることが反映されるんだろうなって思った感覚だったり、そういう自分の感情を持ち帰ってそれがキッチリこの曲に反映されているんです。『WENDY 〜It's You〜』を聴いてくれたみんなが音を聴いて、音に触れて幸せな気持ちになってくれたら本当に嬉しいです!


MOMIKEN 
武道館に来てくれた人が、来て良かったなと思ってくれるステージにできたらそれが一番です。今回リリースされる『WENDY〜It's You〜』も、できればこれまでリリースした曲たちも聴いて頂いて武道館でみんなで合唱できたらと思っています。1stアルバム『Rockin' the World』、2ndアルバム『Just Do It』で網羅できるし、『WENDY〜It's You〜』もぜひチェックしてくださいね!


KENTA 
みんなが笑って、全員が良かったね、って笑って帰れる場所にしたいです。そのためにいろいろ考えて、リハーサルも頑張ってます!一緒に盛り上がりましょう!


IKE 
自分が目指してきた場所。武道館に集ってくれるのは俺たちのことを好きでいてくれる人がほとんどだと思うので、俺もみんなと一緒にその空間を最高に楽しみたいと思っています。音楽を楽しんで、笑って、最高の武道館にしたいと思っています!精一杯やりますので、ぜひ楽しんでくださいね!


ENZEL☆ 
応援してくれるみなさん、いつもありがとうございます!僕は12月18日の武道館をもってSPYAIRを脱退することになりましたが、その日は楽しいこと間違いないと思うのでぜひ、武道館に集って一緒に盛り上がりましょう!武道館は屋根もあって雨の心配もないですが、ボーカルIKEからキメのおコトバが振ってくると思いますのでそれもお楽しみに(笑)!


KENTA 
違う道を歩いていくことにはなるけれど、そういった意味では武道館のステージで“ENZEL☆〜!ヤメないで〜〜!!”じゃなく、みんなも一緒に笑顔でしっかりENZEL☆を送り出して欲しいですね。みんなから“ENZEL☆ありがとう”っていう言葉が自然と笑顔で言ってもらえるようなライブにしたいです。


ENZEL☆ 
僕も自分の目標に向かっていきますが、SPYAIRのライブは見に来たいと思っています!いつか客席のどこかが異常に盛り上がっているその真ん中にいて、みんなに見つけもらったりしたら楽しいですね(笑)。


MOMIKEN 
サークルモッシュのセンターとして帰ってくるんだ(笑)。


KENTA 
それオモシロい(笑)!







2012.11.21 Release!
9th New Single

『WENDY 〜It's You〜』



画像



<収録曲>
01.WENDY 〜It's You〜
02. Blowing


【初回生産限定盤(CD+DVD)】AICL-2474〜AICL-2475 \1,365 (tax in)
【通常盤(CD)】AICL-2476 \1,050 (tax in)

◆NHKよる☆ドラ「恋するハエ女」(連続6回)
11/6(火)〜12/11(火)全国放送 22:55〜23:24<総合>
(再放送) 毎週月曜 24:40〜25:09(日曜深夜)




SPYAIR LIVE at 武道館 2012
2012/12/18(火)日本武道館
OPEN : 18:00 START: 19:00¥3,900(tax in)
※追加席発売中

チケットはこちらから!



【Official HP】http://www.spyair.net/



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SPYAIR!11/21リリース『WENDY 〜It's You〜』と武道館への意気込みを語る! appeal+ing(アピーリング)インタビュー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる